サクセンダ作戦だ~出会い①~

GLP-1注射でダイエット(160cm 80kg 41歳 女)

GLP-1ってなんだ

どういうキーワードで辿り着いたのか覚えてませんが
とにかく「 GLP-1 」という言葉にたどり着きました

これはもともと私達の体の中にある成分で、
GLP-1受容体作動薬はそれを人工的に作ったやつ、って感じでした
糖尿病の患者さんに使用したりしているようです

そしてGLP-1には、インスリンの分泌を促進する以外に大事な効果がありました
それは、「満腹感を得る」、「食欲を抑制する」ということ

私の場合、とにかく食事量を抑える事が必要でした
体力系の仕事をしている男性でもお腹いっぱいという弁当をペロリ
そしてありがたい事に私の会社は差入れが多く、午後もついついバクバク
夜は資格を取る為に勉強をしているのですが、その間もお菓子を食べます
夕飯を食べたあとにお菓子だなんだと、とにかく1日中食べてます

私にとっての食欲の抑制

以前に、食欲を抑制するサプリ「フーディアチコリ」も試したのですが
効果は感じられませんでした。まだ半分以上残ってます
気のせい程度の効果しか感じられませんでしたので、使用をやめました

他の方はピンとこないのかもしれませんが
食欲を抑えるサプリを飲むって、エピローグでも少し書きましたが
私は、寂寥感や恐怖感を感じるのです
単にサプリの安全性や人体への影響に対して恐怖しているのではなく
「食欲が無くなってしまうこと」に対して恐怖感があります

いや、なくなって欲しいんですけどね。何なんでしょう
麻薬って、こんな感覚なんだろうって少し思いました

食事でもお菓子でも食べた後って満足感や幸福感があります
でも毎食毎食とっても美味しい食事を食べてるわけではなく
お菓子を食べたからって、とっても嬉しくなってるわけでもないです
ダラダラと食べてるだけです

こんな食生活は嫌だと思いながらも、いつも何か食べたいと考えてます
やめたいけどやめられない
絶対やめた方がいいって分かっててもやめられない
やめさせてあげると言われても、やめるのが怖い
矛盾してるんですが、こんな感じなんです

話が思いっきりそれました。華麗に戻ります

GLP-1を薬にしたのが主に以下の4つです
ビクトーザ、サクセンダ、オゼンピック、リベルサス

それぞれの説明は割愛しますが
私は「サクセンダ」でいこうと思いました

シェアする